トルコリラに全てを賭ける男のブログ
高金利通貨トルコリラに全てを人生を賭けた男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リニューアルスタート
久々の更新のブログになります。
これまでの投資スタイルを一新するための準備を進めてきました。
ブログ名も変更しました。
「トルコリラ」人生を賭けてみようと思います。リスキーであるのは百も承知ですが、平凡な人生を変えるにはこれしかないかと。。。

これまでFXと株と投資信託に資産を分散し、運用してきましたが全てをFXに、そのほとんどをトルコリラに投入します!
トルコリラにはまっている皆さんと情報共有できればと思います!
スポンサーサイト
FX取引業者最強
今までFX取引業者を間違っていました。私のFXスタンスは

1.長期スワップ派なので複利効果が期待できる。
  (毎日スワップが引き出せる。証拠金として使用できる。)
2.スワップを引出しても口座に反映されない。
  (決済するまで税金がかからない)
3.スワップ金利が高い。
4.信託保全がある。
5.トルコリラの取引ができる。(できればアイスランドも)

上記5項目が私の取引スタンスですが、全てが可能な取引先ないと思っていたので3つの業者にそれぞれ口座を開いていたのですが、色々なところに口座を開くとそれだけ証拠金が少なくなってしまいます。今日、いいところを見つけました。それが「FX-Navi」です。ってゆうか今まで調査不足でした。。。速攻でポジションを決済し、資金を移動します!!



これまでの私の取引業者との比較です。
()内はクリアしている条件

○セントラル短資 (1.3.4)
○アトランティックトレード (1.3.4.5)
○ひまわりFX (1.2.4)
○FX-Navi  (1.2.3.4.5)

特に2ができるところが少ないんですよね。ひまわりFXはスワップが低いし、セントラル短資とアトランティックトレードもいいんですが、2がないところとアトランティックトレードはクイック入金がないのが玉にキズです。確定申告を毎年するのは面倒ですので、長期的なスワップ派の私は断然「FX-Navi」です!
中国の動向
今日は投資信託についてちょっと。
私の投資信託はBRICsと東欧に集中しています。もちろんリスクは承知です。ただ最近気にしているのが中国の動向です。今や中国は世界経済に大きな影響を与える存在になりました。2月の大暴落のときも中国の株暴落がきっかけでした。今、色々な専門家や雑誌は北京オリンピックがある来年の夏もしくは万博のある2010年までは中国経済は大丈夫!!する風潮が主流になっていますが、私は中国という国を信用はしていませんし、そこまで中国がもつとは思えません。ある雑誌には企業の決算粉飾・水増しは間違いなく行われており、それを監視する国は賄賂を貰っているため見てみぬふり。さらに国自体もGDPなどの指数を水増ししているとのこと。普通の国なら「嘘だろー」と思いますが、中国ならありえる話です。まだ民族文化が低いため悪いことに気が付いていないのかもしれません。(戦後の日本のように・・・)2月の大暴落のときも中国政府の「中国市場大丈夫キャンペーン」があったそうです。このように市場に政府が介入して、嘘をならびたて、粉飾をつづけていると、取り返しの付かないことになります。勿論日本経済もその影響をもろにうけるでしょう。もし中国の嘘が明るみになって株の大暴落がおきたとき!1929年の世界大恐慌以来の大惨事になります。
ある専門家はこういっています。
「バブルの崩壊の時期は誰にもわからない。後から振り返ってみてあれがバブルだったのかと振り返るだけだ。」また、「中国の今の状況は1929年のNYよりも脆い」と。。。
FX業者
スワップ派のメイン業者

ひまわり証券
昼間忙しい人には・・・
昼間携帯を頻繁に確認できない方には注文方法が充実した証券会社の選択が必要です。逆指値や連続注文など注文方法が多彩な会社です。

カブドットコム証券
夜間取引可能。



オリックス証券
中国株取り扱い。


copyright © 2005 トルコリラに全てを賭ける男のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。